【メンヘラとは?】意味や特徴、原因として考えられること

メンヘラとは?意味や特徴、原因

今や日常会話の中でも使われるようになった「メンヘラ」というワード。もともとは2010年頃に流行り出したとされるネットスラングです。

言葉の流行は多くの人が「メンヘラ」に対し興味や関心、そして悩みを抱いていたことを意味します。

メンヘラの意味や特徴、原因として考えられることについて解説していきます。

メンヘラの意味

メンヘラはメンタルヘルスが変化した「病んでいる人」を意味する言葉だとされています。

Weblio辞書(出典:実用日本語表現辞典)では、メンヘラの意味や定義をこう説明しています。

メンヘラは、おおむね「病んでいる人」「心に何かしらの問題を抱えている人」という意味合いで用いられているインターネットスラング。厳密な定義づけは難しいが、「精神的に変調を来して参ってしまっている」「精神の平衡を失う(気が触れる)」「面倒で生きづらい性格に難儀している人」といった幅広いニュアンスで使われることがある。

このようにメンヘラには明確な定義が存在せず、

・心に何かしらの問題を抱えている人

・精神のバランスを失っている人

・面倒で生きづらい性格をしている人

といった曖昧なニュアンスを持ちます。

よってメンヘラの意味は使う人によって微妙に変化します。

例えば実際に精神疾患を患っている人をメンヘラと呼ぶこともあれば、自分や他人が仕事や恋愛において悩んでいる状態をライトに言う場合もあります。

ただ特定の人物をメンヘラと呼ぶ場合、その人の何らかの行動によって生じた対人関係の問題に起因することが多いと考えられます。

メンヘラの特徴

メンヘラの特徴

このようにもともと造語であるうえ様々な意味を持つメンヘラの定義を正確に答えることは難しいのが現状です。

ですが実際にメンヘラとされる人には典型的な性格や行動パターンが存在するとされています。

性格面の特徴

メンヘラの性格面の特徴は以下のようなものがあります。

・極度の寂しがり屋

・特定の人に依存しやすい

・嫉妬深く恋人や友人などへの束縛が激しい

・自分に自信がない

基本的に他人に過度に依存する気質であるため、対人関係での問題を引き起こしやすいと言えます。

行動面の特徴

メンヘラの行動面の特徴は以下のようなものがあります。

典型的なメンヘラの行動としては、心理的に依存している相手に大量のメッセージを間断なく送る電話を頻繁にかける何かにつけてヒステリックに怒る泣く、といった動向が挙げられる。

Weblio辞書(出典:実用日本語表現辞典)

これ以外にも、

・自傷行為

・気分の激しい変調

などがあります。

こうした自傷行為や気分の変調自体の問題ではなく、それを半ば意図的に他人に知らせるのがメンヘラに見られがちな特徴とされています。

行動面の特徴を一言で表現するなら、一方的な感情を人にぶつけてしまう傾向があると言えるでしょう。

メンヘラ男という存在も登場

女々しいメンヘラ男

メンヘラという言葉が流行ってからしばらくはメンヘラ=女性という図式が成り立っていましたが、2020年頃からは男性のメンヘラの方が注目されるようになっています。

メンヘラ男と呼ばれる彼らの特徴は女性の場合とほぼ同じですが、それゆえに「女々しい」という特性も追加されているようです。

メンヘラの原因として考えられること

人間関係の問題を抱えやすいメンヘラですが、その原因としてどのようなことが考えられるのでしょうか。

それぞれ見ていきます。

境界性パーソナリティ障害などの精神疾患

メンヘラとされる人の中には実際に精神疾患を患っているケースもあります。ですがそれは一部の例であるため、メンヘラ=精神疾患と決めつけることは出来ません

一方でネット上では、メンヘラは精神疾患の中でも境界性パーソナリティ障害と関係が深いと囁かれています。メンヘラと同障害の特徴に類似点が多く見られるためです。

両者の共通点を指摘するのはネット上の素人だけではありません。マイナビニュースでは、メンヘラと境界性パーソナリティ障害の関係について精神科医が分析した記事を掲載しています。

もしメンヘラの原因が境界性パーソナリティ障害であれば、それは克服可能なものであるようです。

同障害についての書籍『境界性パーソナリティ障害(幻冬舎)』では以下のように説明しています。

境界性パーソナリティ障害は、永久に続く固定した性格ではない。多くは思春期から青年期、成人早期(ときには、三十代になって)に始まる嵐のような感情と行動の失調状態である。だが、止まない嵐はない。数年で、嵐は終息に向かう

『境界性パーソナリティ障害(幻冬舎)』岡田尊司著 P35

同書は、環境によっては嵐が長引いてしまうとも述べています。

克服のためには周囲の環境、そして何より本人が自分自身の問題とどのように向き合うのかが大切になります。

愛着障害

愛情を求め他人に依存する傾向のあるメンヘラは、愛着障害と関連があることも十分に考えられるでしょう。

関連記事:愛着障害とは

『愛着障害~子供時代を引きずる人々』では、愛着障害を愛着スタイルと呼ばれるタイプ別に説明しています。

その中でも特に注目すべきは、不安型恐れ・回避型と呼ばれる2つのタイプです。

これらのタイプは特定の人物に極度に依存することが特徴です。強い依存によってその人に対する猜疑心や嫉妬心が高まりやすく、その結果、過剰確認行動が生じたり激しい怒りを相手にぶつけてしまったりする場合がたびたびあります。

また自分と他人との境界線が薄いため、自分と同じ感情を相手も抱いていると考えたり憶測を現実だと思い込んでしまう傾向があります。

こうした特徴はメンヘラと合致する部分が多いと言えるでしょう。

関連記事:愛着障害4つの愛着スタイル

年齢やストレスなどでたまたまそういう時期なだけの場合も

思春期やホルモンバランスが崩れやすい時期などは誰でも気分が不安定になり、気持ちが沈みやすくなります。

また、家庭、仕事、恋愛、病気、お金の悩みなどによるストレスも同様です。特に恋愛に関しては嫉妬心や猜疑心などを持ってしまうのは自然なことです。

その長短は人によりますが、一時的にメンヘラになる時期は誰にでもあり得ると考えた方が良いでしょう。

メンヘラの根本的な原因はアイデンティティと自制心

このように様々な要因が考えられるメンヘラですが、その問題とされる行動の根本的な原因は、

・他人に過度に依存してしまうこと

・自分の感情をぶつけてしまうこと

の2つではないでしょうか。

どちらも適度であれば問題ないのですが、相手の人格や生活を犠牲にしてしまうほどの依存はあまり良いことではありません。

それでも依存してしまうのは、アイデンティティや自制心の問題が関わっている可能性があります。

関連記事:自制心と自己成就予言

原因を決めつけず様々な可能性を

メンヘラ克服のためには様々な原因を考えることが大切

以上、メンヘラの意味や特徴、その原因として考えられることをまとめました。

メンヘラ自体が曖昧な言葉であることも相俟って、その原因は複雑であると考えられます。

そのためもしメンヘラを克服、あるいは身近なメンヘラ傾向の人について考えたい場合は、1つの原因に絞るのではなく様々な視点から見つめてみることが大切だと言えるでしょう。