人間関係リセット症候群とは?特徴と原因を解説

ネットで話題の「人間関係リセット症候群」

これは正式な病名ではなく、ある日突然それまでの人間関係を全て断ってしまう行為を指します。あまりにもあっさりと、しかも場所を変えて繰り返し行われるため、ゲームのリセットボタンに喩えられているのです

なんの前触れもなく音信不通になるので、リセットされた側は理由もわからず心配したり不安になったりするばかり。

一方でリセットした側も、積み木遊びのように新しい人間関係を築いては捨ててしまう自分に思い悩んでいるケースもあります。

した方もされた方も心のどこかに後味の悪さを残す人間関係リセット症候群。その特徴と原因を解説します。

人間関係リセット症候群の特徴

人間関係リセット症候群の特徴

人間関係リセット症候群には以下のような特徴があります。

・SNSを突然やめる

・LINEアカウントやメールアドレスなどを変えて連絡が取れないようにする

・転職を繰り返す

・特に必要ないのに縁のない土地に引っ越す

このように、物理的にコンタクトを取れないようにしてそれまでの人間関係をまっさらにしてしまうのが人間関係リセット症候群です。これらの行動は客観的に考えて不利益にしかならない場合が多く、他人から見ると非常に不可解に思えます

また最大の特徴は同じ人間が何度もリセットを繰り返す点にあります。

人間関係の断捨離との違い

近年、人間関係の断捨離が話題です。

関連記事:人間関係の断捨離がもたらす効果

人間関係を捨てるという点においてリセットと似ている部分がありますが、リセット症候群がほとんど全ての人間関係を断ち切ってしまうのに対し、断捨離はストレスになっている関係のみを捨てるという違いがあります。

さらに断捨離が自分の利益(ストレスを減らす)のために行われるのと違い、人間関係リセット症候群ではそれまでのキャリアやコネまでまとめて捨ててしまう傾向が見られます。

逆説的に考えると、リセット症候群を持つ人の場合、全ての人間関係がストレスになっていると言えるかもしれません。

人間関係リセット症候群の原因として考えられること

人間関係リセット症候群の原因

自他ともに多くの不利益をもたらす人間関係リセット症候群。その原因はどこにあるのでしょうか。

人間関係リセット症候群の原因として以下のようなことが考えられます。

愛着障害回避型

幼少期の生育環境が原因となり、情緒や対人関係に問題を抱える愛着障害

なかでも回避型と呼ばれるタイプは、他人に対して情を抱くことがなく、極端に人を避けるのが特徴です。

もし他人が許容範囲を越えて近づいてきた場合は、非常にドライな反応を見せる傾向があります。

こうした点は人間関係リセット症候群との共通点と言えるでしょう。

関連記事:愛着スタイルとは

回避性パーソナリティ障害

回避性パーソナリティ障害は、批判や拒絶にひどく敏感で、そうしたリスクを伴う交流や状況を極端に回避する特徴を持つ障害です。

こうしたリスクを避けるために人間関係のリセットを行ったとしても不思議ではないでしょう。

ジゾイド(スキゾイド)パーソナリティ障害

人間関係リセット症候群とジゾイド

社会的に孤立する点は回避性パーソナリティ障害と似ていますが、最大の違いはジゾイドには他者への関心がほとんど存在しないことです。

そのため良くも悪くも他人から影響を受けません。こうした特徴はドライとも言えるため、人間関係のリセットに繋がる可能性が考えられます。

その他原因

その他にも、HSPトラウマを負っている人は他者に対して敏感な傾向があります。そのため、ある日突然それまで我慢して付き合っていた人間関係に限界を感じリセットしてしまうこともあり得るでしょう。

それ以外にも、健康や環境などが要因で不安定になっているときには、知人が煩わしくなる場合もあります。

いずれにせよ人間関係のリセットを何度も繰り返すのには複雑な原因があり、

「知らない土地でやり直したい」

「新しい自分になりたい」

といった希望に満ちた理由のみで動いているわけではないと言えるでしょう。

人間関係リセット症候群への対処法

人間関係リセット症候群への対処

多くの人を傷つけ、知らぬ間に自分をも損なってしまいかねない人間関係リセット症候群。

リセットされた側」は気にしないことが1番の対処法になります。なぜならリセットはあくまで「した側」の都合によるものだからです。

一方でリセットしたことによってなにか悩みを抱えてしまっている人は、自身の人間関係リセット症候群の原因について改めて見つめ直す必要があると言えるでしょう。