自己肯定感が低い人とプライドが高い人には共通点がある?【自己肯定感とプライドの意味】を解説

自己肯定感が低いのにプライドが高い人

正反対の意味に思える「自己肯定感の低さ」と「プライドの高さ」。

一般的に自己肯定感が低い人は自信がなく弱気なイメージプライドが高い人は自信満々で強気なイメージを持たれる場合が多いでしょう。

しかしこの両者には共通点があるようです。

この記事では自己肯定感とプライドの意味を解説していきます。

自己肯定感とは?

自己肯定感とは

自己肯定感は比較的新しい言葉なので定義には議論の余地がありますが、概ね次のような意味で浸透しています。

「自己肯定感」とは、自分自身を受け入れ、尊重し、ポジティブに捉えることができる感情のことをいいます。他者と比較して何ができるか、何を持っているかなどで優劣を決めるのではなく、評価や成果の有無にかかわらず自分軸を持ち、そのままの自分を受け入れます。

Weblio辞書(出典:実用日本語表現辞典)

他者と比較することなくありのままの自分を肯定的に受け入れる感情」が自己肯定感です。

自己肯定感についての詳しい記事はこちら:【自己肯定感とは】意味や特徴、自己肯定感を高める方法を解説

プライドとは?

プライドが高い人

プライドはどちらかと言えばマイナスのイメージを持たれる方が多い言葉ですが、実際はどのような意味を持つのでしょうか。

プライドの正確な意味を調べていきます。

誇り。自尊心。自負心

goo辞書(出典:デジタル大辞泉)

自分の才能や個性、また、業績などに自信を持ち、他の人によって、自分の優越性・能力が正当に評価されることを求める気持。また、そのために品位ある態度をくずすまいとすること。誇り。自尊心。自負心。矜持

コトバンク(出典:精選版 日本国語大辞典)

このようにプライドは誇りや自尊心とほぼ同義とされており、基本的にポジティブな意味を持ちます。

その一方で英語のprideには、

うぬぼれ(解説的語義)

思いあがり,高慢,横柄,自負(心)

goo辞書(出典:小学館プログレッシブ英和中辞典

といった訳も含まれています。

また同義語の「誇り」の動詞である「誇る」にも、

すぐれていると思って得意になる。また、その気持ちを言葉や態度で人に示す。自慢する。

コトバンク(出典:デジタル大辞泉)

というもう1つの意味があります。

これらがプライドに対するマイナスイメージとして定着しているのでしょう。

ポイント

プライドは誇りや自尊心と同義のポジティブな言葉

一方で自惚れや高慢といったマイナスイメージの意味もある

自己肯定感とプライドは近い意味を持つ

プライドと自己肯定感はほぼ同じ意味

プライドと自尊心はほぼ同義とされていますが、自己肯定感と自尊心もかなり近い意味を持つ言葉です。

したがって自己肯定感とプライドには多くの共通点があると言えます。

両者の違いは以下の2点です。

自己肯定感がありのままの自分を肯定しているのに対し、プライドには自分の才能や個性などが人より優れているという他者との比較に依存している面がある

自己肯定感が100%ポジティブなのに対し、プライドには『思いあがり,高慢,横柄』というネガティブな意味が含まれている

自己肯定感が自分のなかだけで存在できるのに対し、プライドは他人を必要とする部分が多い気持ちであると言うことができるでしょう。

ポイント

・自己肯定感とプライドは近い意味を持つ

自己肯定感が自分のなかだけで存在できるに対しプライドは他人を必要とする

プライドにはネガティブな意味が含まれている

自己肯定感が低い人とプライドが高い人の共通点

自己肯定感とプライドは近い意味を持ちながら「他人を必要とするかどうか」という最大の違いがあることがわかりました。

ここで気になるのが表題の「自己肯定感が低い人」と「プライドが高い人」。

まるで正反対のイメージを持たれる両者ですが、実は自己肯定感の低さとプライドの高さは密接な関係があるようです。

自己肯定感が低くプライドが高い人の特徴や心理、その原因については次の記事で詳しく解説しています。