人間関係がめんどくさいと感じる3つの原因!NG行動と対処法も解説

人間関係 めんどくさい

年齢を重ねるごとに人間関係がめんどくさいと思う機会は増えていくものです。

大人だから仕方ない」なんて考えてめんどくさい人間関係を継続しているものの、ストレスは日に日に増える一方。それに当の相手は気がつかないのだから理不尽に感じてしまいます。

そもそも人間関係がめんどくさいと感じる原因はなんでしょうか?

人間関係がめんどくさいと感じる原因

人間関係がめんどくさいからといってやってはいけない行動

めんどくさい人間関係への対処法

これら3つにフォーカスして解説していきます。

人間関係がめんどくさいと感じる3つの原因

人間関係 めんどくさい

最初に人間関係がめんどくさいと感じる原因を見ていきましょう。

人間関係においてストレスを感じやすい状況は以下の3つ。

それぞれ詳しく解説していきます。

気が合わないから

人間関係がめんどくさいと感じる原因の1つ目は「気が合わない」。

これは要するに相性が悪いということです。こればかりはどんな人にもあり得ることなのでどうしようもないかもしれません。

お互いちょうどいい距離感を見つけられるようにするのが良いでしょう。

振り回されるから

人間関係がめんどくさい原因の2つ目は「振り回される」。

相手が自己中心的なタイプの場合に起こりやすい状況です。自分が一方的にストレスを感じている場合はしっかり「No」を言うようにしましょう。

自分を出せないから

人間関係がめんどくさい原因3つ目は「自分が出せない」。

周りに合わせてしまう性格の人はいつも素の自分が出せずにストレスを感じてしまいます。

トラブルにならない範囲で素を出してみるか、自然体でいられる環境を探してみると良いかもしれません。

人間関係がめんどくさいからといってもやってはいけない3つの行動

人間関係 めんどくさい

人間関係がめんどくさいと感じているときはどうしてもストレス源である相手が憎くなってしまいます。

しかしだからといってなにをしてもいいというわけではありません。

NG行為をすることでむしろ状況が悪化してしまう可能性があるためです。

そんなNG行動を解説していきます。

悪口や陰口

人間関係がめんどくさいからといってやってはいけないNG行動1つ目は「悪口や陰口」。

悪口や陰口はストレス解消や同僚とのコミュニケーションを円滑にする効果があるのは事実ですが、あまりエスカレートするとむしろストレスが悪化する危険性があります。

具体的には、

相手に知られてトラブルになる

相手の些細なことが目につくようになって余計イライラするようになる

言い過ぎると周りが引いてしまう

というケースが考えられます。

人間関係がめんどくさいからといっても悪口や陰口はほどほどにしましょう

無視する

めんどくさい人間関係でやってはいけないNG行為2つ目は「無視する」。

特に学校や職場など頻繁に顔を合わせる関係の人を無視しているのはかえってストレスとなります。

積極的に関わる必要はありませんが挨拶や会釈程度はした方が無難でしょう。

露骨に嫌な雰囲気を出す

露骨に嫌っている雰囲気を出す」のもNG。

めんどくさい人間関係のせいでストレスが溜まっているとはいえ、それを相手に覚られてしまうと無用なトラブルやさらなるストレスの原因となってしまう可能性があります。

めんどくさい人間関係においては基本的に無難な距離感を意識した方が良いと言えるでしょう。

人間関係がめんどくさいときの対処法3選

人間関係 めんどくさい 対処法

めんどくさい人間関係。NG行動に気をつけるだけでは自分ばかりストレスが溜まってしまいますよね。

そんなときはどうしたらいいのでしょうか?

人間関係がめんどくさいときの対処法を解説していきます。

自分を出す

人間関係がめんどくさい原因の1つである「自分が出せない」という問題。

自分らしくいられないのはストレスでしかありません。

TPOはわきまえるべきですが、可能な限り自分らしくあるようにしてみましょう

それで相手が離れていくようなら結構」そんなメンタルでいると生きやすくなります。

自分にとって最適な距離感をキープ

人間関係がめんどくさいときにおすすめの対処法は「最適な距離をキープ」すること。

なんだかんだ1番無難な方法です。

嫌なことは嫌としっかり伝えることで徐々にお互いが心地よいと感じられる距離感を作ることができるかもしれません。

環境を変える

環境を変える」のはめんどくさい人間関係への対処法として有効です。

もちろん学校や職場などは簡単に変えられませんが、そういった場合は空いた時間に他のコミュニティに参加してみると良いかもしれません。

人間関係がめんどくさいときこそ自分を意識

人間関係 めんどくさい 自分を出す

人間関係がめんどくさいと感じているときに大切なのは「自分がどう感じているか」を意識することです。

自分ばかりが我慢しているのは良い人間関係とは言えません

わがままなのは良くありませんがなるべく「自分中心」で物事を考えるようにするとめんどくさい人間関係に悩むことが減るでしょう。