男運が悪いのはなぜ?男目線で解説「ダメンズウォーカーに共通する8の特徴」

男運が悪い

世の中に一定数存在する「男運が悪い」女性。

ダメンズウォーカーとも呼ばれる彼女たちですが、それは神様が意地悪しているからではありません。

実は男運が悪い女性には共通する特徴があるのです。

しかもその特徴は男性から見ると一目瞭然だったりします。

男運が悪い女性に共通する8の特徴と改善方法を見ていきましょう。

男運が悪い人に共通する8の特徴

男運が悪い人の特徴

最初に男運が悪い人に共通する8個の特徴をそれぞれチェックしていきます。

特徴から男運が悪い原因を確認しましょう。

また、これから挙げる項目は男女関係に限らず人間関係全般に影響するものが多いと言えるかもしれません。

惚れやすい

男運が悪い女性は「惚れやすい」傾向があります。

少し優しくされただけで「すごく良い人」なんて言ってしまいがちです。

会う機会が少ないあいだは良い人だったのに、いざ親密になってみるとダメ男だったなんてことが多いのではないでしょうか?

愛想を良くする、女性の話を聞く、なんてことはナンパ本にも書いてあるほど基本的なテクニック。また重いものを持ったり家まで送ったり、といった親切も男性の体力なら実はそんなに大変ではありません。

1つ1つの行動に注目するのではなく、相手の全体をしっかり見ると良いでしょう。

男運が悪いと言いつつ恋愛したがる

「惚れやすい」のに関連しますが、男運が悪い人は「恋愛したがる」ところがあります。

恋愛で痛い目を見てきたにも関わらず、気がつくとまたほかの男性を見つけている場合が多いです。

過去の恋愛の傷を新たな恋で埋めようとしているとも言えるでしょう。

ですがこうした行動は悪循環に陥りがち。

恋愛に依存している自分に気がつくことが大切です。

寂しがり屋

男運が悪い人は恋愛に限らず「寂しがり屋」なことが多いです。

男に依存しない場合でも友達にベッタリ依存する傾向があります。

もちろんつらいときに人に頼ることは必要ですが、バランスが大切。

人間関係で負った傷をほかの人で埋める行為はまた別の問題を生みやすいので気をつけましょう。

人目を気にする

男運が悪い人は「人目を気にする」傾向があります。

見た目や言動以外にも「1人でいるのが恥ずかしい」という意識を持っている方が多い印象。

とりあえず身近な人と仲良くなっていくうちにダメ男と親密になるケースも多々見られます。

相手を条件で選ぶ

男運が悪い人は「相手を条件で選びがち」。

もちろん交際相手に求める条件があるのが普通ですが、それありきになってしまうと相手の本質を見ることができません。

無意識のうちに相手のステータスばかり見ていないか注意してみましょう。

自己肯定感が低い

男運が悪い女性は「自己肯定感が低い」という特徴があります。

自分に自信がないと押しに弱くなったり褒められただけですぐ嬉しくなったり、といったことが起こりやすいでしょう。

相手を愛そうとしない

男運が悪い人の最大の特徴は「相手を愛そうとしない」。

「寂しいから」「なんとなく」「見た目が良いから」なんて理由で付き合っている場合はもとより、相手のことが好きなつもりでも、いつも自分の感情に振り回されてばかりいるケースが多く見られます。

愛のかたちは人それぞれですが、「ありのままの相手を見つめて受け入れる」というのは大前提。

男運が悪いと嘆く前に相手をしっかり愛することを意識してみると良いかもしれません。

男運が悪いと言いながらなんだかんだ楽しんでいる

男運が悪い女性の特徴ラストは「なんだかんだ楽しんでいる」。

いつも恋愛で傷つきつらいとは言うものの、

・出会い

・仲良くなり

・付き合い

・傷つき

・周りに相談する

といったサイクルを無意識のうちに楽しんでいる傾向が見られます。

少なくとも「傷つき」のパート以外は実際に楽しんでいるケースが多いと言えでしょう。

男運が悪いのを治すには?

男運が悪いのを治す

男運が悪いのを変えるにはどうしたらいいのでしょう?

キーワードは「自分」。

男運が悪い自分を変える3つの方法をチェックしていきます。

自分を磨く

男運が悪い自分を変える方法1つ目は「自分を磨く」こと。

恋愛で傷ついたときは友人に相談したり逆に引きこもったりしたくなるもの。

そういった行為も大切ですが、むしろ1人になったときこそ自分を磨くチャンスだと思いいろいろなことにチャレンジしてみましょう。

自分を磨くことには

自信がつく

レベルが上がり良い出会いを引き寄せられる

といった効果があります。

またやりたいことに没頭しているあいだは嫌な思い出を忘れられるのでおすすめです。

軸を「他人」から「自分へ」

男運が悪い人は物事を「他人軸」で考えがちです。

他人軸で生きていると、人に過度にあわせてしまったり、ちょっとした言動に傷ついたりといったことに繋がってしまいます。

自己中になるのは良くありませんが、「自分軸」で物事を考えられるように努めましょう。

自分を見つめ直す

男運が悪い自分を変えるためになにより大切なのは「自分を見つめ直すこと」。

男運と一言で表現されますが、これは決して運だけの問題ではありません。

自分をしっかりと見つめて、男運が悪い原因を探してみましょう。

「男運が悪い」と悲観しなくてもいい

男運が悪い人が幸せに

男運が悪い人の特徴と改善方法について解説してきました。

こうして見ると男運が悪いことをますます悲観してしまいそうになりますが、決してそんな必要はありません。

犯罪行為など取り返しのつかないようなことをされた場合は別ですが、恋愛は基本的に「楽しいことがあったなら良い」と言えます。

男運が悪い女性に限らず、誰もが人生の最期をともにしたパートナー以外とは別れを経験するものです。

多くの別れを通して人との関わり方や自分のことを学んでいくのではないでしょうか。

男運が悪いと傷つく場合が多いものの、それだけ大きな経験を得られたと考えることができます。

男運が悪いことが未来の幸せの糧になったと言える日が来るかもしれません