女運がない男性の特徴とは?良い人と出会えない理由を解説

女運がない

「いつも恋愛がうまくいかない。俺は女運がないに違いない」

一度沼にハマると尽きない恋愛の悩み。特に女運がないと言われるようなレベルの人は次々トラウマが増えていき人を好きになるのが怖くなってしまうものです。

そんな女運がない男性の特徴と改善方法をチェックしていきましょう。

女運がない人の特徴

女運がない人の特徴

実は女運がない男性には4つの共通する特徴があります。

早速女運がない人の特徴をチェックしていきましょう。

女運がない人は惚れっぽい

女運がない男性の多くは「惚れっぽい」傾向があります。

ほんのちょっと優しくされたり愛想良く対応されたりしただけで相手に好意を抱きやすいのです。

ですが女性はもともとコミュニケーションスキルが高いので、たとえ嫌いな人であっても笑顔で対応できる人がほとんど。気がつくと自分の気持ちばかり大きくなっていて、相手に振り回されるようなことにもなりかねません。

また、惚れっぽいというのは「チャンスがあれば誰でも良い」と言い換えることもできます。

そうしたスタンスでは結果的に問題のあるような女性を自ら選んでしまうことに繋がるでしょう。

モテない

女運がないという男性のほとんどはいわゆる「非モテ」。

そもそも経験がなかったり、交際可能な女性の層がかなり狭い傾向があります。

このモテという言葉は定義が難しいのですが、女運がない人のなかには「見た目だけ良い」とか「経験人数だけ多い」というケースも存在します。

中身が伴っていない男性にはやはり同じような女性しか寄って来ないと言えるでしょう。

女運がない人は独りよがり

女運がない男性の多くは「独りよがり」「自己中」という特徴があります。

気を使っているつもりでも実際の言動はいつも自己中心的で、知らず知らずのうちに相手を傷つけてしまっているというケースが多いでしょう。

その結果、相手の女性も愛想を尽かしてしまうのです。

女運がないと思っていても、相手の女性を「悪い女」にしているのは実は男性の方かもしれません

モラハラ気質

「独りよがり」に関連する特徴ですが、女運がないという人の多くは「モラハラ気質」の場合が多いと言えます。

女運がない男性はデリカシーのないことや相手の嫌がる言動を日常的にしていたり、自分の理想を押し付けたりする傾向があります。

女運がないことを嘆く前に自分を見つめ直してみると良いかもしれません。

女運がない自分を変えたい

女運がない自分を変える

特徴を見る限り、女運がない男性は自らにも落ち度があると言えそうです。

では女運がない自分を変えるにはどうしたらいいのでしょうか?

女運がない人が試してみる価値のある3つの方法を見ていきましょう。

なにかに夢中になる

女運がないという人は「恋愛以外のことに夢中になる」のが良いでしょう。

なにか夢中になれるものがあるというのは自分の魅力となり得ます。

ただし、夢中になり過ぎて自己中心的になっていては本末転倒

趣味や仕事、夢などと人間関係のバランスを意識しましょう。

コミュニケーションの仕方を学ぶ

男性は女性に比べてコミュニケーションが苦手な傾向にあります。

話すのが好きという人でも、自分ばかり喋っていたり相手が傷つくことを言っていたりする場合がほとんど。

女運がないという人は特にその傾向が強いと言えます。

正しいコミュニケーションの仕方」を学びましょう。

人を愛せるようになる

女運がないという男性にとって最も欠けているのは「人を愛すること」。

定義は人によりますが、人を愛することの基本は「ありのままの相手を見つめて受け入れること」。

少なくとも、相手を変えようとしたり自分の理想を押し付けたりすることは愛ではありません。

女運がないという男性は1度過去を振り返って「自分が本当に相手の女性を愛せていたのか」を考えてみると良いでしょう。

女運がない人の特徴まとめ

女運がないというのは決して運だけの問題ではないと言えます。

いつも恋愛がうまくいかずに悩んでいる人は、女運がないと嘆く前に自分を見つめ直してみると良いでしょう。