既婚男性の好意はバレバレ?男性が気になる人に見せる4つの行動と対処法

既婚男性 好意 バレバレ

男性は気になる女性がいるとすぐに好意を持ちやすい生き物です。

これは本能であり既婚男性であっても同様。そしてその好意は誰から見てもバレバレである場合が多いのが面白いところでしょう。

今回は既婚男性が気になる相手に向ける態度やバレバレの好意を向けられた際の対処法を解説していきます。

既婚男性の好意はバレバレ?気になる人にだけ取る4つの行動

既婚男性 好意 バレバレ

既婚男性の好意は誰がどう見てもバレバレであることが多いのですが、向けられている本人としては確信が持てない場合があります。

既婚男性が好意を抱いている人にだけ取るバレバレの態度を紹介していきます。

頻繁に視線を送ってしまう

既婚男性が好意を抱いている相手にしてしまうバレバレの行動1つ目は「頻繁に視線を送ってしまう」。

男性は気になる女性を本能的に目で追ってしまうものです。

特に既婚男性の場合は堂々と口説くことができないため、遠くからチラチラ視線を送ってしまいがち。あまりにもバレバレ過ぎて既婚男性に好意を向けられている本人よりも周りが先に気がつくケースが多いかもしれません。

話すときテンションが不自然

既婚男性が好意を向けている相手にしてしまいがちなバレバレの行動2つ目は「話すときのテンションが不自然」。

これも周囲が先に気がつく場合が多いのですが、男性は気になる人と話すとき明らかにテンションが変わります。これは女性に比べてコミュ力が低い人が多いからこその傾向と言えるかもしれません。

その人の性格により急にテンションが上がるタイプ、ツンデレ化するタイプに分かれますが、ほかの人と話すときの態度と比較すると一目瞭然です。

露骨に親切にする

既婚男性が好意を抱いている相手にしてしまいがちなバレバレ行動3つ目は「露骨に親切にする」。

男性は気になっている相手に対して自分の存在を行動でアピールする傾向があります。

特にほかの人にはしないような過剰なまでの親切をしていたら好意があると疑ってもいいかもしれません。

ほかの男に対抗しようとする

既婚男性が好意を抱いている相手にしてしまいがちなバレバレ行動ラストは「ほかの男に対抗する」。

男性は総じて負けず嫌いな傾向があります。 特に気になる女性に近づく男には何人たりとも負けたくないと対抗心を露わにするのです。

既婚男性が頻繁にほかの男をディスったりなにかにつけて自分の方が優れているようなバレバレのアピールをしてきたりするなら好意を持たれている可能性があります。

既婚男性にバレバレの好意を向けられているときはどうするのが正解?

既婚男性 好意 バレバレ

既婚男性が好意を抱いている相手にするバレバレの行動を解説してきました。

ですがいくらバレバレの好意を向けられていても相手は既婚男性。正直困る場合も多いはずです。

既婚男性にバレバレの好意を向けられているときはどうするのが正解なのでしょうか?

対処法を紹介していきます。

基本は気づかないフリ

既婚男性にバレバレの好意を向けられたときの基本は「気づかないフリ」です。

既婚男性の行動があまりにも露骨な場合、自分としても気になるうえに周りから噂されることもあるためどうしても反応してしまいたくなりますが、直接なにか言われたりされたりしていないなら気がつかないフリをしているのが無難と言えます。

反応したが最後、大事になってしまいやすいからです。

あまり言いふらさない方が良い

既婚男性にバレバレの好意を向けられていているからといってあまり人に言いふらさない方が良いでしょう。

先述のように、この手のことは反応してしまうと話が大きくなってしまいやすいからです。

たとえ周りがざわついていたとしても適当に流すのが大人な対応と言えるでしょう。

迷惑なら頼れる人に相談

ただし既婚男性の行動があまりにもストレスになっていたり、身の危険を感じる場合にはすぐに誰かに相談した方が良いかもしれません。

その際は面白がる同僚ではなく、上司や具体的な対応をしてくれそうな頼れる人に相談するようにしましょう。

既婚男性の好意はバレバレ?まとめ

既婚男性が好意を抱いている相手にしてしまうバレバレの行動と対処法についてまとめました。

好意を向けられると嬉しい反面、ストレスになったり迷惑だったりするケースもあります。

慌てず上手な対応をするようにしてみると被害も少なくなるでしょう。